ストレスナビホーム   ストレス関連用語    バーンアウトとは

バーンアウトとは

バーンアウトとは、燃え尽きといった意味で、疾病ではなく症候群です。症状は徐々に進行するプロセスをたどり、対応を誤れば、職業生活だけではなく人生おも駄目にしてしまうほどの威力を持ちます。家族関係の破綻や引きこもり・飲酒・薬物問題・うつなどの背景となるものです。
また、休みをとって休養しても改善しない心身の消耗感、自分の能力や仕事への疑念、変化への抵抗、チョットしたことへの過敏な反応、周囲への怒り、対人関係の苦痛が上げられます。
このような状態になるのは次の3つの条件が重なったときです。

  • 1 大変な状態が長く続く
  • 2 他者(上司等)評価がいくら頑張っても上がらない。
  • 3 まじめで責任感が強い。思い入れが強い。

何事にも一生けん命にやり手が抜けない人は燃え尽き症候群になるリスクは高いと言われています。
労働者としては、燃え尽き兆候に早く気づき早期の対応をとることが大切です。


ストレス関連用語内の記事一覧

アニバーサリー効果toha
アニバーサリー効果とは、災害や事件等が契機としてPTSDとなった場合、それが発生...
内観療法とは
内観療法は「自分を知る」ための一つの方法として、吉本伊信が宗教色を取り除き開発し...
自律神経とは
自律神経とは,脊椎動物の抹消神経の一つで自分の意志とは無関係に作用する神経で消化...
バーンアウトとは
バーンアウトとは、燃え尽きといった意味で、疾病ではなく症候群です。症状は徐々に進...
行為障害とは
行為障害とは、窃盗、暴力行為、虚言、反社会的行為など極端な問題行動を示す精神障害...
ストレスと精神障害
ストレスと精神障害はお互いに影響しあっています。ストレスが関わらない精神障害はな...
テクノストレスとは
テクノストレスとは、1984年に心理学者のクレイグ・ブロードが言いだした言葉です...