ストレスナビホーム   ストレス関連用語    行為障害とは

行為障害とは

行為障害とは、窃盗、暴力行為、虚言、反社会的行為など極端な問題行動を示す精神障害をいいます。

行為障害は親のストレスが一つの原因になっています

夫婦関係のゆがみのために性的な満足の得られない親はいらだち、子どもに八つ当たりして、子どもを虐待・性的虐待する時もあります。
このような剥奪的な環境下で育つ子どもは行為障害、反抗挑戦障害などを来たすことが多く、保育園、幼稚園・学校で集団活動になじむことができずに通常の精神発達の路線からはずれてしまいます。

行為障害の特徴

  • (1)鳥、犬や猫、ウサギといった温血動物をナイフで傷つけるなど攻撃が生きものに向い、最終的には人物を攻撃するようになります。
  • (2)人をだましたり傷つけても平気な顔をしています。なかでも弱いものをいじめをします。
  • (3)多くの場合思春期に症状が出始めます。
  • (4)ナイフやスタンガンなどの武器を集め、隠し持っています。
  • (5)発症するとなかなか家族だけでは手に負えない時があります。

*身近な方で心配な場合は、勝手に判断することなく専門医に相談してください。


ストレス関連用語内の記事一覧

アニバーサリー効果toha
アニバーサリー効果とは、災害や事件等が契機としてPTSDとなった場合、それが発生...
内観療法とは
内観療法は「自分を知る」ための一つの方法として、吉本伊信が宗教色を取り除き開発し...
自律神経とは
自律神経とは,脊椎動物の抹消神経の一つで自分の意志とは無関係に作用する神経で消化...
バーンアウトとは
バーンアウトとは、燃え尽きといった意味で、疾病ではなく症候群です。症状は徐々に進...
行為障害とは
行為障害とは、窃盗、暴力行為、虚言、反社会的行為など極端な問題行動を示す精神障害...
ストレスと精神障害
ストレスと精神障害はお互いに影響しあっています。ストレスが関わらない精神障害はな...
テクノストレスとは
テクノストレスとは、1984年に心理学者のクレイグ・ブロードが言いだした言葉です...