ストレスナビホーム   急性ストレス障害    急性ストレス障害(ASD)とは

急性ストレス障害(ASD)とは

急性ストレス障害とは、事故や地震・災害など生命に関わる強度のストレスを体験をした直後に発症します。感情がなくなり、その事実が実感として受け止められない状態を言います。また、外傷体験を思い出せるような場所や人物、話題から逃げようとします。神経は過敏となり、不眠やイライラが起こります。この状態が4週間程度で収まるものを「急性ストレス障害」といいます。
ほぼ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と同じような症状を呈します。事件や事故の直後からPTSDの症状のみられる人のうち、「感情や現実感が失われ、何事にも実感がわかなくなる」ような解離症状を伴っている人は、「急性ストレス障害(ASD)」と診断されます。

大震災を受けた場合等

地震等で被害を受けた皆様方は大変強い恐怖におそわた方々が多いと思います。この辛く苦しい体験を「トラウマ」にしないためにも自分の気持ちの変化を観察し「自分が自分でないような感覚」をいだくようでしたら専門家のカウンセリングを受ける等の手立てをして行く必要があります。

急性ストレス障害の3つの症状

  • 1 再体験・・・辛い苦しい体験が繰り返し思い返されたり、悪夢を見たりする。フラッシュバックともいいます。
  • 2 回避・・・・・辛い苦しい体験を思わせるもの、場所、状況、人等を避けようとする傾向があります。
  • 3 覚醒・・・・・・小さなことを気にしたり、何でもないことで驚いたり怒ったりする。神経が高ぶり過敏になる状態が続き、不眠や不安等が強く現れる症状が出ます。

*上記のような症状がみられる方は専門医に診てもらいましょう。


急性ストレス障害内の記事一覧

急性ストレス障害(ASD)とは
急性ストレス障害とは、事故や地震・災害など生命に関わる強度のストレスを体験をした...
急性ストレス障害の治療
事件や事故の外傷は、意識の外に起き去られます。そのままにしておきますと、心身共に...