ストレスナビホーム   ストレスの対応    もう一つのストレスの対応

もう一つのストレスの対応

問題が起きてストレスが自分の許容範囲を超えようとした場合は、それに対応した対策を立て、具体的に行動することが必要となります。
過度のストレスに対応する仕方には個人差がありますのでこの方法が良いと言ったことはいえません。自分のストレスへの対応方法を幾つか持っていることが大切ですし、それがきちんとできることがストレスマネジメント出来ているといえます。
一般的なストレスの解消(リラックス法)

1 身体的運動

リラックスをするための運動を続ける。運動が良いのは体内の免疫力を強化するのに役立つことからです。

2 飲 酒

仲間と楽しく飲むことが条件、深酒はしない。愚痴や上司の悪口は言わない。

3 自然環境音になじむ

CDやビデオで音楽等を楽しむのは、心のリラクゼーションに効果的です。

4 非日常的な時間をつくる

のんびり温泉に行く、音楽や観劇に行く、テニスや野球の観戦、時には自分でプレーして楽しむ。仕事のことを忘れ非日常的な行動はリラクゼーションに良い。

5 瞑想する

瞑想すると血圧が下がり、心拍数や呼吸数が減る。血流が増加しリラクゼーションに役立つ。

6 自律訓練法とは

自律訓練法で不安や緊張感を軽くし、疲労やイライラを低下させるなど、自分の意思の力でリラックス方法です。

7 バランスのとれた食事をとる

ストレスを感じるとホルモンやたんぱく質、ビタミンC、ビタミンB群が消費されるといいます。ストレスは、不眠やイライラ等の症状だけではなく暴飲暴食を誘発し、生活習慣病の要因になることもあります。

カルシュウムとマグネシュウムは、脳や神経の働きを保ち、イライラした気持ちを安定させてくれます。リラッツクス効果のあるハーブも料理や生活に取り入れることもよい。豆腐はカルシュウムとマグネシウムを効率的に取れる食品です。

8 睡眠をしっかり取る

睡眠は一日7時間から8時間程度取る。なお、睡眠の質も大切です。


ストレスの対応内の記事一覧

ストレス解消に「四浴」
ストレス解消にはいろいろな方法がありますが、その一つに「四浴」があります。簡単で...
ストレスに勝つ
ストレスに強い人と弱い人がいますが、ストレスに対応する内容は同じです。 しかし、...
ストレスを溜めないのが一番
ストレスを溜めていきますと次のような身体的症状が表れてきます。 1 第1段階 警...
もう一つのストレスの対応
問題が起きてストレスが自分の許容範囲を超えようとした場合は、それに対応した対策を...
ストレスに強くなる食べ物
ストレスを感じるとホルモンやたんぱく質、ビタミンC、ビタミンB群が消費されるとい...
ストレスをコントロールする
ストレスと上手に付き合い自分の耐性以上の過度なストレスを受けないようにコントロー...
笑う門には福がきます。
「笑う門には福来る。」とは良く行ったもので笑いは幸せの象徴です。ですから笑いのあ...
ストレスと薬
ストレスを感じた時にその対応としていろんなことがありますが、その一つに薬を飲んで...
ストレス対応
ストレスに上手に対処するには、受け身では上手くいきません。ストレスに対して積極的...
ストレスをなくすのには本人の努力も必要
次のような障害等はストレスが大きく影響して生じるものです。 1 心的外傷後ストレ...