ストレスナビホーム   ストレスからくる病気    ストレスとうつ

ストレスとうつ

ストレスが大きく長く続くような生活をしていますと精神的肉体的な面に反応が出てきます。その代表的なものとして自律神経失調症とうつ病です。
うつ病はストレスに対する生体反応と考えられています。ただ、同じストレスを受けても性格的な個人差がありますし、うつ状態について適度な対応ができる方は、うつ状態からそれ以上進行させることなく生活していきます。
しかし、うつ状態であるゆううつでげ元気がでない。食欲がでない。などの状態が2週間以上続くようであれば、病状としては深刻な状況になりがちです。
特に、まじめで、几帳面、責任感が強い、仕事熱心、保守的、思い込みが激しい方は注意が必要です。
それには、自分の心の状態を良く観察し、少し疲れているかな?、気持が出ないといった初期段階で気分転換をいち早くし、気持の負担を少なくすることが大切です。

簡単にできる気分転換

  • 1 好きなことをする。
  • 2 恋愛をする。恋愛小説を読む。
  • 3 笑いを生活に取れ入れる。
  • 4 ぬるいお湯に30分程度入ってリラックスする。
  • 5 思っていることを書き出す。
  • 6 プラス思考で考える癖を付ける。等

ストレスからくる病気内の記事一覧

適応障害とは
適応障害とは、おかれている環境に適応できずに、そのストレスによって様々な心身の症...
ストレスとうつ
ストレスが大きく長く続くような生活をしていますと精神的肉体的な面に反応が出てきま...
自律神経失調症とは
自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の自律神経のバランスが崩れた状態をいいま...
ストレスが身体に現れる病気
大きいストレスを受け、また、それが継続されるような場合は、体の免疫力が低下し各種...
ストレスが精神に現れる病気
精神に現れる病気 ストレスの影響で病気となり精神面にでることがあります。その代表...
ストレスが行動に現れる病気
行動に現れる病気 ストレス状態が続きますとイライラしたり怒りっぽく、また、泣きや...