ストレスナビホーム   ストレスの原因    トラウマを理解する

トラウマを理解する

トラウマという言葉は日常的に使われだしてきましたが、日本語に訳しますと心的外傷となります。つまり、事故や災害など生命に関わる強度なストレスを体験すること。この体験をトラウマと言います。自分の意志でコントロールできないことから「心の寄生虫」「瞬間冷凍された体験」と表現する研究者もいます。

トラウマになるような体験とは

アメリカ精神医学会の診断マニアル「DSM?IVーTR 精神疾患の分類と診断の手引き」ではその人が、以下の二人の要素を伴うトラウマティックな出来事を体験した。

1)実際の死や死の脅威、または深刻な負傷、若しくはそれらの生じる恐れ、あるいは自分自身若しくは他者の身体的保全に対して脅威となるような出来事を体験したり、もしくはそのような事態に直面した。

2)その人の反応が、極度の恐怖、無力感、絶望など含んでいた。具体例として以下のようになります。

  • ? 自分やそれ以外の人の命や身体が脅かされるような体験
  • ? 自分自身が酷い怪我や重い病気になる。
  • ? 自分以外の人が暴力や事故によって死亡したり、酷い怪我をするのを目撃あるいは知る。
  • ? 家庭や共同体の突然の崩壊。など

これらを体験した人が圧倒的な苦痛や恐怖、無力、絶望等を感じた。
(例えば、戦争、テロ、犯罪や事故、自然災害、性暴力、家庭内暴力、児童虐待など)

トラウマ体験の特徴

トラウマのきっかけとなる出来事には幾つかの特徴があります。

  • 1 予測できない。・・・・災害、事故
  • 2 自分の力では制御できない。・・・苦しむ人を助けることが出来ない場合等
  • 3 強い恐怖を感じる・・・・・・・事件や事故を目撃する。家族が犯罪に巻き込まれる。
  • 4 責任は自分にあると思い込む・・・自分がまねいた失敗によって事故が起きた。
  • 5 大切な人を失う。・・・・・家族や友人の死、家屋の崩壊
  • 6 身の危険を感じる暴力・・・傷害事件に巻き込まれる。命に関わるような暴力を振るわれる。

ストレスの原因内の記事一覧

トラウマを理解する
トラウマという言葉は日常的に使われだしてきましたが、日本語に訳しますと心的外傷と...
ストレスの原因は
ストレス(生体反応)の原因となっている刺激はストレッサーと言います。人間の体は刺...