ストレスナビホーム   ストレッサーとは    労働上で生じるストレッサー

労働上で生じるストレッサー

一日の3分の1は働いており、労働上で生じるストレッサーは生活の中では大変大きな部分を占めています。そこで労働上で生じるストレッサーはどのようなものがあるか考えてみたい。

  • 1 職場環境における騒音、温度、湿度、汚染などのストレッサー
  • 2 勤務体制化から生じる深夜勤務の交替、長時間の残業等のストレッサー
  • 3 勤務内容から生じる過酷な労働、単調すぎる労働等のストレッサー
  • 4 コンピュター等を使用した勤務者のテクノストレス
  • 5 職場の異動(転勤、長期出張、単身赴任等)によるストレッサー
  • 6 上司や同僚との人間関係から生じるストレッサー
  • 7 昇進、降格などの人事異動によるストレッツサー
  • 8 職場内でのいじめ、いびりの言葉の暴力、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント等の労務関係のストレッサー
  • 9 成果主義の導入により、賃金体制の変更によるストレッサー
  • 10 会社の倒産、事業規模の縮小等による解雇や雇用の不安などの雇用関係のストレッサー

大きな経済成長が望めない現在、企業の生き残りかけた事業運営は職場内での熾烈な競争やノルマの達成、成果主義など労働者にとって大変厳しい環境での勤務が強いられています。ストレスとの付き合い方は、自分自身が生き残これるためにきちんと学んでおく必要があります。


ストレッサーとは内の記事一覧

労働上で生じるストレッサー
一日の3分の1は働いており、労働上で生じるストレッサーは生活の中では大変大きな部...
ストレッサーとは
ストレッサーとは刺激といった意味で、人間が生活していく必ず何らかの刺激(ストレッ...